1. HOME
  2. ブログ
  3. 魔法の接客

魔法の接客

オーナーの熊澤でございます。

特にご接待のお席で、私のような者が重宝される事について、お話いたしますね。

と、申し上げておきながらマイナスな切り出しで恐縮ですが、私は茶道の心得がございません。

それが、ひょんなことで、表千家のとある茶席にお招きいただいた際の事です。

にわか仕込みで、汗だくだくに、お点前を頂戴した後、お師匠様とお話しした際のこと。

「お茶席では、主人は黙っているわけではないですよ、時にはずいぶんと、にぎやかです。

ただ、主人はお茶にまつわるお話だけをするんです。

なのに、お客人と主人とが、心が通い合ったり、和やかな雰囲気をみんなで楽しんで。

とっても、不思議。魔法みたい。

ーお料理のお席の時のあなたと、似てるでしょ?」

と、お師匠様。

ああ~~、そういうことだったのか、と、そのお言葉で、一人、合点いたしました。

私はよく、お客様とのご宴席で、お料理やふぐのお話をしながら、注意深く、心の鍵をさがしてゆくと、

皆様の心がどんどんうちとけて、開かれてゆくのを感じます。

どういう事でしょう?もう少し噛みこんで、ご説明いたします。

ご接待や折衝の場を、争いなく穏やかに取りまとめるのに、

お互いの話題に無関係な、風流事のプロに、あえて同席してもらうと、とても簡単に話がまとまる。

困ったときや、話が止まりそうな時に、ふ、と、その風流人と別の事を話す。と。話がすうっと動き出す。

日本人が昔から知っていた、折衝の仕方です。

お茶の席だけでなく、レストランなどの場でも、そうした人物が居ると、とても心地よい。

それが、接客の理想の姿と信じて、私も日夜、料理と同じく、精進しているのですがー。

本当に、魔法みたいですよ。

 

関連記事