1. HOME
  2. ブログ
  3. ふぐのおいしさは、召し上がり始めて5分で、幸せがやってくる味。

ふぐのおいしさは、召し上がり始めて5分で、幸せがやってくる味。

当店のふぐ料理を召し上がり始めて、約5分。幸せがやってきます

キャッチコピーには長すぎるお題で、失礼いたします。

当店で初めてお食事されるお客様は、

最初のひとくち目で、「美味しい!」と、喜びを表すお客様よりも、

何と申しましょうか、

召し上がりだして、5分程度した頃から、じわぁ~~っと、口角が上がってくるお客様や、

同じ時間経った頃、急にお箸のペースが上がるお客様のほうが、確実に多いのではないかと存じます。

まるで、最初は気が付かなかった幸せが、やって来たような。

 

ふぐの味は「幸せ」で形容されやすい

「私はふぐの味は解からないんだけどね、この店のふぐを食べるとね、すごく幸せになるんだよ」

と、当店の、とあるおご常連客様は仰ります。

ゆめゆめ、ふぐの味が解からない方ではない、味をよくご存知のお客様ですから、ご謙遜のお言葉から、

褒められすぎと存じますが、「幸せになる」とは、とても不思議な表現です。

そのほか、

「食べないと淋しい」、「ふわぁっとくる」、など。

「天然のほうが養殖より幸せ感が強い」、とおっしゃる方もいらして、

当店のふぐ料理の味を、幸せに関する形容詞で表現される方は、とても多いです。

さていったい、この「幸せ」とは、どんな味なのでしょう?

 

ふぐの旨みは、シチュー系?

古九谷の蓋付茶碗

和食の旨みは、舌先にすぐ感じられる、鰹だしやお茶など、揮発性の物が多いのが特徴だと伺いました。

その和食の代表格である、ふぐの旨みですが、

毎日、ふぐを調理している私が、僭越ながら申し上げるに、

ふぐの旨みの種類は、他の和食とは少々違って、

むしろ、ビーフシチューなど、じっくりと煮出す料理に多い、ブイヨン系の味わいではないか、と存じます。

もう少し詳しく申し上げるなら、

それ自体は、はっきりとした味を持たないが、ハーブやスパイスで輪郭を作ると、

俄然、素晴らしい旨みを放つ、よくできたスープストックのような。

それで、ふぐの漠然としながらも素晴らしい旨みを、「幸せ」とおっしゃるのか、と。

そして、その旨みが、他でもない、ポン酢でよく引き出される、という点は、

まさに、「ふぐならでは」の特徴かもしれません。

 

ふぐの旨みを邪魔するのは、ふぐ独特のにおい

ふぐかの国では、最近10年余りで、日本のポン酢が広く知られるようになって、

急にファンの方が増えましたが、

それ以前は、ふぐは、「最もまずい魚」のワーストいくつか、に、入れられておりました。

確かに、それも大変、納得できるものでございます。

ぽん酢をご存知の、日本の方には、意外かもしれませんが、

ふぐはもともと、独特のにおいと粘液が強い魚です。

このふぐの強いにおいは、日本以外の国々で、ふぐ食から人々を遠ざけてきた、

ふぐの旨みを邪魔する厄介者でありまして。

例えば、ふぐ皮にお醤油をかけただけでは、ふぐ本来のにおいが強くて、食用には少々不向きです。

この傾向は、「良質」と言われるふぐになるほど強く、最高品質である良型天然とらふぐの皮などは、

ぽん酢なしではそれこそ、「食べられたものではない」くらいに、生臭く感じます。

それほどに、ポン酢なしのふぐは、辛い食べ物になってしまうのです。

 

ポン酢は、まさにふぐのために生まれた

カボス

当店では、ポン酢の原料に、大分県臼杵市の契約農家様から、カボスを仕入れております。

他にポン酢の材料と言えば、ユズ、ダイダイ、スダチなどが思い浮かびます。

それらに共通するのは、とにかく、酸っぱい事。

絞り汁をそのまま飲んだら、お口がキュッと絞られて、しばらく治らないくらいですね。

もう酸っぱくて、酸っぱくて、それで、市販のポン酢しょうゆは、たいてい、甘みを足したり、

鰹だしを加えたりして、酸味を少し、抑えてあります。

そんなに酸っぱいカボスに、お醤油をまぜて、あの生臭かったふぐを入れたら・・・?

とらふぐ皮のコラーゲンサラダ

本当に、いったいどなたが考え付いたのでしょう。

ふぐの粘液はコラーゲンとなって、ポン酢の酸味を和らげ、

ポン酢の香りはふぐ身のにおいを抑えて、ふぐのブイヨンの旨みを引き出す。

まさに、それが幸せでなくて、何が幸せになるのか、

調理人が喜ぶ言葉に、「食材同士が手を結ぶ」というのがございますが、

手を結んだ食材の、美味しさの嬉しいドミノが、お口の中でどんどん起きて、

ふぐがおいしい、ポン酢がおいしい、一緒のお野菜もおいしい、みんな美味しい。

ご宴席も、どんどんドミノに包まれて、お客様のお顔が、どんどん、笑顔に変わってゆく。

これが、当店のご宴席でよく起きる、「ふぐマジック」です。

まさに、「鳥が選んだ枝 枝が待っていた鳥(河井寛次郎)」ならぬ、

ふぐのためのぽん酢、ぽん酢が活きるふぐ、でございます。

 

「ふぐマジック」をもっと楽しんで頂くために、ご提案できる召し上がり方

ふぐさしのお替りは、1枚目よりもおいしい


お客様が実際、そうおっしゃいます。

召し上がりだして、5分。

ふぐマジックが起きだした後のお代わりは、起きる前よりおいしい、という事でしょうか。

写真のように、最初から2人前ずつふぐ刺しを盛りこんだ豪華版も、たいへん好評です。

 

お雑炊にかけるぽん酢は、お鍋で使っていた物を入れたほうがおいしい

どうぞ、オシャレでないかも、と気になさらず。

お鍋のぽん酢には、ふぐ出しがたっぷり。出されたものをキチンと食べきる事で、マナー上も歓迎されます。

 

とらふぐの、養殖と天然の味の違いは、「幸せ」の違い

当店では、天然と養殖、2種類のコースをお楽しみいただけます。

そのせいか、「天然と養殖の違いは何?」と、よく店内でご質問をされます。

同じ種類の魚なので、身質の、硬い・柔らかいの違いはあっても、最初の味は同じように感じます。

そして、前述のように、5分。

すると、天然を召し上がる方に、圧倒的に「幸せ」が来ているのを、よく拝見いたします。

 

とっても不思議で、他にはない、ふぐのうまみ

長々と申し上げてまいりましたが、「幸せ」とは、何とも粋な表現だと存じます。

私は料理人ですので、この幸せの言い方を敢えてまぜかえして、「うまみ」と申し上げなおしたり、いろいろ工夫するのですが。

何とも、不思議で、とっても強い、ふぐのうまみ。

よろしければ是非、どうぞ当店で、その味を確かめて頂きたく存じます。

 

関連記事